レディー

豊胸はバレない時代へ!|最新の手術方法を知る

長期間キープできる

胸部

即効性があり確実に胸を大きくすることができる豊胸手術ですが、人工乳腺バッグを使用した方法は最も多く利用されている方法であると言えるでしょう。バッグの中身には様々な種類があり、それぞれにメリットがあります。

詳細を読む

アフターケアいらず

woman

豊胸の中でも、最も気軽に挑戦できると言われているのがヒアルロン酸注入による方法です。胸の内側など、部分的なボリュームアップが可能であり、理想の形をデザインすることもできるのです。

詳細を読む

同時に引き締めも叶う

バスト測定

ウエストやお尻はすっきりしていて、バストにはボリュームがあるというのは多くの女性の憧れです。このスタイルを叶えてくれるのが、脂肪注入による豊胸です。自分の余分な脂肪を注入するので、引き締めも可能になります。

詳細を読む

血液でサイズアップ

医師

豊胸に控えめなボリュームアップ効果を期待する方や、持続期間が短期間であることを望む方へは献血豊胸という方法がおすすめです。自分の血液を利用してジェルを作って注入するので、控えめながらも自然なボリュームアップが叶うのです。

詳細を読む

よい部分を組み合わせる

バストを測る人

美しいスタイルを実現させるために、美容外科では様々な手術が展開されています。また、その方法もより安全で効果の高いものになるようにと、日々進化を続けているのです。長年、女性たちの間で親しまれてきた手術である豊胸も、進化を続けている手術のひとつです。生理食塩水やシリコンを利用した人工乳腺バッグの挿入が主流であった時代から、現在では自分の脂肪や血液を利用した方法が登場しているのです。自分の体内から抽出したものでありますので、より自然な仕上がりと高い安全性が期待できる方法と言えるでしょう。しかしながら、以前から存在している人工乳腺バッグもより高品質なものとなっており、その安全性も高まっています。また、人工乳腺バッグには脂肪や血液の注入にはない、長期間の持続性と自在なボリュームアップが可能であるというメリットがあります。どちらの豊胸方法を取っても魅力的なメリットが存在するため、どの方法で豊胸をするか悩んでいるという方もいるでしょう。しかし、最近では両方の方法を掛け合わせたハイブリット豊胸という方法が登場しているのです。この方法では、バストサイズを大きくするためにメインに使用されるのは、シリコンの人工乳腺バッグになります。人工乳腺バッグを入れた後に、ハリやボリュームが足りない部分に脂肪を注入して、より自然で理想的な形のバストに仕上げるのです。特に、元々バスト周辺にあまり脂肪のない方の場合、人工乳腺バッグを入れた際にバッグの輪郭が浮き上がって不自然に見えてしまうことがあるのです。そこへ脂肪を注入して、足りていないハリやボリュームを足すことができるので、浮き上がりを解消してナチュラルなボリュームのあるバストを作り上げることができるのです。痩せ型の方で自然な仕上がりにしたいが、脂肪注入でボリュームアップさせるだけの脂肪がないという方も、この方法であれば少ない脂肪で自然なボリュームアップが可能になります。最近の人工乳腺バッグであれば、よほど大きくしない限りそれほど不自然になることはありません。しかし、どうしても豊胸したことを周りに知られたくないという方など、とにかく自然な形にしたい方にはこのハイブリット豊胸がおすすめの方法です。また、この方法を選択した場合にはアフターケアをする必要があるため、施術をする美容外科を選ぶ際にはアフターケアも充実しているようなところを選ぶとよいでしょう。豊胸後の丁寧なアフターケアも、自然なバストにするためには大切なポイントになります。