女の人

豊胸はバレない時代へ!|最新の手術方法を知る

長期間キープできる

胸部

即効性があり、確実に胸を大きくすることのできる方法として、美容外科での豊胸手術があります。以前から頻繁に行なわれているのは、人工乳腺バッグを乳房に挿入するという手術です。人工乳腺バッグとは、主にシリコンが入っているバッグのことであり、バッグの大きさの分バストサイズを大きくすることができるというものです。美容外科によって異なりますが、だいたい1サイズから5サイズくらいまで大きくすることが可能なところが多いでしょう。バッグの中身はシリコンであることが多いですが、生理食塩水やハイドロジェルである場合もあります。それぞれのメリットですが、まずシリコンは耐久性に優れているという点が挙げられます。そのため、長期間バストの大きさをキープしたいという方に最適であると言えます。次に生理食塩水ですが、これはバッグを挿入する際に切開する範囲が狭く済むというメリットがあります。先に空のバッグを挿入してからチューブを使ってバッグの中に生理食塩水を入れるという順番であるため、ほとんど切開する必要がないのです。豊胸手術を受けるにあたって、あまり大きな傷を作りたくないという方にはおすすめの方法です。また、生理食塩水は人間の体液に近い浸透圧でできています。そのため、万が一胸の中でバッグが破損するなどして中身が漏れてしまっても、自然に体内に吸収されていくというのもメリットであると言えるでしょう。最後にハイドロジェルですが、これはジェルと生理食塩水を混ぜたものであり、とても柔らかいことが特徴です。そのため、見た目や触り心地がシリコンに比べてより自然です。できる限りナチュラルな仕上がりにしたいのであれば、ハイドロジェルが入ったバッグを使用するのがよいでしょう。また、ジェルと生理食塩水は体内に吸収されていく性質を持っています。そのため、破損が発生した場合には生理食塩水のバッグと同様に、体内に吸収されてバストの大きさは元の状態に戻ります。また、いずれのタイプのバッグでも、手術後に取り出してしまうことが可能です。バストサイズを大きくしたあとに、やはり元のバストサイズに戻したいと感じたら再度手術によって取り出すことで、元の大きさに戻すことができるのです。しかし、豊胸手術はあまり頻繁に繰り返してしまうと体へ負担が掛かってしまいますので、しっかりと医師に相談したうえで再手術を決めることをおすすめします。また、初めての豊胸手術の際にも、大きさだけでなく形も含めたデザインをよく話し合って決めておくことが大切です。