女の人

豊胸はバレない時代へ!|最新の手術方法を知る

アフターケアいらず

woman

最も気軽に挑戦できる豊胸方法として話題になっているのが、ヒアルロン酸注射による豊胸です。ヒアルロン酸は女性であれば、ほとんどの方が馴染のある成分だと言えるでしょう。保水力が高く肌にハリを出す効果があるので、化粧品や美容ドリンクなど美容ケアのための製品に配合されていることが多いのです。また、ヒアルロン酸はもともと人間の体内にある成分であり、関節のクッション材としての働きがあります。このことからわかるように、アレルギーを起こす可能性が低いので安全性が高い豊胸であると言えるのです。また、注入する際には注射器を使用するため、メスによる切開の必要がありません。傷跡がほとんど目立たなくなるとはいえ、体にメスを入れるのは抵抗があるという方でも気軽に挑戦することができるでしょう。このようにメスを使わずに行えることから、この方法はプチ整形のひとつとして考えられることが多いようです。さらに、シリコンバッグでは難しい、胸の上部や内側など部分的なボリュームアップが可能です。ヒアルロン酸を注入する位置と量によって形を調整することができますので、理想の形のバストをデザインすることができるのです。事前に医師とじっくりと相談し、イメージに相違がないようにしておくのも重要なポイントであると言えるでしょう。また、この方法のメリットとして、アフターケアが必要ないということも挙げられます。シリコンバッグなどを挿入した場合、自分の胸と馴染ませたり硬くなることを防いだりするために、マッサージなどの定期的なケアが必要になります。しかし、ヒアルロン酸は液体であり、それを直接胸に注入しているのでマッサージなどのケアをしなくても柔らかいままなのです。そのため、マッサージなどの特別なケアをするのは面倒だという方は、ヒアルロン酸を注入する豊胸方法が向いているでしょう。さらに、ダウンタイムがほとんど必要ないということもこの方法の魅力です。注射針を刺すだけですので、多少の内出血が発生する程度で済みます。豊胸を行なった次の日からほぼ通常通りの生活が可能であるため、予定をあまり空けることができないという方でも安心です。また、この方法の持続期間は1年から3年程度であると言われています。元に戻すために再手術をするようなことは必要なく、自然に体内へ吸収されていくのを待つことになるのです。自然に元のサイズに戻ってくれますので、胸が大きくなったらどのような感じか体験してみたいというような場合にも最適な方法であると言えるでしょう。