女の人

豊胸はバレない時代へ!|最新の手術方法を知る

同時に引き締めも叶う

バスト測定

体はしっかり引き締まりつつ、ボリュームのあるバストをキープしているような体型、多くの女性が憧れているでしょう。実は、豊胸手術の方法によっては体の引き締めとバストアップの両方を、一度に実現することができるのです。それは、自分の脂肪を利用した脂肪注入法と呼ばれるものです。他人や動物の脂肪ではなく、自分の脂肪を胸に注入してボリュームアップするので、ヒアルロン酸と同じようにアレルギー反応などを起こしにくい安全性の高い方法です。しかも、使用する脂肪はお腹やお尻などにある余分な脂肪です。脂肪を減らしたい箇所の脂肪吸引を行なうことになりますので、気になる部分のサイズダウンも同時に叶うのがこの方法の最大のメリットと言えるでしょう。本来、バストのほとんどは脂肪でできています。脂肪でできているバストに脂肪を追加して大きくするので、最も自然な仕上がりになることも人気の理由です。見た目や触り心地に違和感がなく、レントゲンでもバレることがありません。また、脂肪を注入する際には注射器を使用しますので、傷跡ができてしまうような心配もいらないのです。そのため、とにかくバレない豊胸がしたいという方に、最適な方法であるということが言えるでしょう。豊胸のために脂肪注入をするだけでなく脂肪吸引も同時に行なうのですが、それでも入院の必要がないという美容外科が多いです。入院するためのスケジュールが空けられないという方でも問題ありませんし、痛み止めなどがしっかり処方されるので安心できます。また、この方法も特別なアフターケアをする必要はなく、すぐに通常の生活を送ることが可能です。ただし、しばらくはワイヤー入りのブラジャーを着用することができませんので、事前にノンワイヤーのブラジャーを準備しておくとよいでしょう。脂肪注入による豊胸は、注入した脂肪がしっかりと定着すれば比較的長い間豊胸効果を持続させることができます。最近では、ほとんどの美容外科が注入した脂肪の定着率を高められるような工夫をしていますので、少なくとも半分ほどの脂肪は定着するようになっていると言われています。このことから、バストサイズに大きな変化を求める人よりは、ナチュラルな変化を求める人に向いている方法であると言えるのです。サイズを大きくしなくても、形を整えたり全体をふっくらさせたりしたいと考えている方にとっても最適であり、注入する箇所を調節すればすきな形のバストに仕上げることができるでしょう。